WebサイトのSSL化

常時SSLの流れか
サーバ証明書の安価なもの
がではじめた

昨年、Freeの証明書
Let’s Encrypt
を試してみましたが

ブログ自身はhttpのままにして
nginxのプロキシ設定でhttps化
したかったのですが

どうしてもブログの表示が
崩れてしまい、放置状態でした

サーバ証明書の取得

JPRSの安価な証明書は
なんと、年間972円

サーバ証明書というと
年間数万円かかる
というイメージを持っていたので
とってもお得な印象

もちろん、EVではないDVタイプ
の証明書なので信頼度は低い
※信頼度とは、他者から見たときの
サイトなど信頼度合いであり
SSLの強度ではありません

個人のブログ程度であれば
全然問題ないですし
Freeとも違い、JPRSが運営しているCA
なので、十分と言えるでしょう

申し込みはWebベースで簡単!
支払い用のクレジットカードと
申請に必要なCSRを作成しておけば
あっと言う間に完了します

CSRの生成

Certificate Signing Request の略

証明書を申請する時の
サーバや申請者の情報と
作成した秘密鍵、公開鍵
に関する情報が含まれます
申請の流れは

大まかこんな感じです

 

ドメイン認証

さくらのVPSの場合
手続きが終わるとキーファイルを
会員サイトからダウンロードして
自分のサイトから参照できる様に
配置する

JPRS側から、実在するサイトで
且つ、確認コードを渡した先
であることを確認できれば
証明書発行となる

自分の場合、AレコードにWWW付きしか
登録していなかったため

単純なドメイン名で参照できなかった
ようで、サポートに問い合わせ、気がつき
www無しをAレコードに追加したところ
DNSに反映されるとすぐにアクセスがきて
証明書が発行されました

サーバ設定

必要になる情報は
生成した秘密鍵
発行されたサーバ証明書
JPRSの中間証明書
※中間証明書はJPRSサイトからダウンロードする

Apacheの設定としては
上記の3つのファイルを
/etc/httpdの下に
適当なフォルダを作成し
コピーしておく

ssl.confファイルの中の

を指定して
サービスの再起動をすればOK

SSL化完了!

4か月前