SakuraのVPSを使ってみる4(サーバ立上げ)

コンソールアクセス

契約が完了したら、まずサーバを立ち上げます
OSはいくつか選べますが、ホームページ等を
作るのであれば、Linux系がよいでしょう
#筆者が選択したのContOS7ですさて、本題ですが
Sakuraでは、ブラウザで「コンソールアクセス」
というのが使えるのでとても便利です

多くのVPSなどは、セキュアにアクセスするため
sshなどの設定から始めるなどの手順が必要となります
(SakuraのVPSも、もちろん必要です)

普段から慣れている人は良いのですが

  • 秘密鍵、公開鍵の準備
  • WindowsPCから使う場合はアプリのインストールなど

など、いろいろ準備が必要となります

「コンソールアクセス」は、特に事前の設定なしで
自分のサーバにログインすることができます
例えば、この機能をつかうと、iPadなどのタブレット
からでも気軽にアクセスすることができます

これを利用して、初期設定を済ませることもできます

初めにやること

初期設定は、まずは2つのことを実施すれば
ひとまず、自分だけのサーバとなります

  1. sshのポート番号を22から別のポートへ設定変更
  2. Firewall-cmdで、設定したsshのポートのみアクセスのみ許可

セキュリティとセキュアなアクセス手段を確保します

CentOS7では、従来iptablesを利用していたところが
firewall-cmdを使うことになっています
#初めは、とっても戸惑いました

以下の様になっていれば、ひとまず安心です

設定が終わったら、実際にsshでアクセスして
通常ではアクセスできず、変更したポート番号で
アクセスできることを確認します。万が一、設定が間違っていても「コンソールアクセス」
を使って修正することができます

3年前